ニックネーム三方日登美
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
この記事を編集したい場合は こちら より行えます。
コメントやトラックバックの標準の公開・表示の設定を変更したい場合は こちら より行えます。
2020年10月20日(火) 10時31分

「ROLEX」というブランド名の由来

会社設立から間もなく、腕時計に可能性を見出したハンス・ウイルスドルフ氏はジャン・エグラーの機械を輸入して時計の製造を行うようになる。彼は、自分が作った時計のムーブメントとダイアルに、刻印した時に美しく見えるブランド名をつけたいと考えた。欧州のどこの国の言葉で読んでも同じ発音になるよう、あらゆるアルファベットを組み合わせて数百の候補を考案。最終的には、ロンドンのシティを走る乗合馬車で天啓のように閃いたと語られる「ROLEX」の5文字を、1908年7月2日に商標登録した。

現在は「ウォッチ」に分類される腕時計を主たる商品としている(時計業界では、腕時計や懐中時計を「ウォッチ」、置時計や壁時計などを「クロック」としている)。全ての部品を自社製造しているマニュファクチュールであり、なおかつその大部分でクロノメーター認定を受けている[2]。

20世紀初頭に時計商社としてイギリスで創業したが、当時は時計関税が高額だったため以後漸次スイスに拠点を移し、その過程でメーカー化した。懐中時計が主流であった当時、早くから腕時計の利便性に着目し[3]、別会社である「オイスター社」が開発し、それまでの腕時計と比較して防水性が格段に高い「オイスターケース」を実用化、自動巻き機構「パーペチュアル機構」や日付が午前零時頃に一瞬で切り替わる「デイトジャスト機構」を発明、腕時計で初めてクロノメーターの認定を受けた。

1926年に商標登録、1946 年にはハンス・ウィルスドルフがTHE TUDOR WATCH COMPANY を設立、イギリスでの販売拡大を狙って発売された。名前はかつてのイギリス王家チューダー家にちなむ。トレードマークもチューダー家と同じ薔薇であり、初期のモデルは文字盤に薔薇が描かれていた(現在は盾のマーク)。長らく日本国内において正規代理店の取り扱いはなく、並行輸入品が「チュードル」という名前で出回っている程度だったが、2018年に正規代理店での取り扱いを「チューダー 」として開始した。かつては汎用ムーヴメントであるETA(エタ)社製のムーブメントを使用していたが、現在はムーブメント、ケース共にロレックス社内の工房で独自に開発及び生産されたものを使用している(ムーヴメントに関しては、ブライトリングと提携しており、お互いのムーヴメントの技術を導入している)。当初は本家ロレックスに似たモデルを多く販売していたが、現在は独自のデザインによるモデルを主に販売している。



ロレックス デイトナ コピーhttps://www.hacopy.com/rolex/
この記事へのトラックバックURL
https://niceshop5.prtls.jp/tb/d_e1d1111fa7e4a14a
この記事へのコメントの登録は 『 標準の設定を適用(全て受け付ける) 』 に 設定 されています。
登録されたコメントの公開は 『 標準の設定を適用(全て公開) 』 に 設定 されています。
標準の公開設定は こちら より変更することができます。
名 前 *
【 全角100文字以内 】
URL
【 全角500文字以内 】
お知らせしたいURLがある場合は入力してください。
コメント *
【 全角1000文字以内 】
いいね!を付ける場合は こちら をクリックしてください。
画像認証 *
認証の為、上に表示されている英数字を入力してください。
 
2021 年 5 月
1
234678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031